Banderasdelmundo.info
HOME > 連載 > オールドカー・旧車の世界 > 1965年型フォード マスタング ファストバック GT350 CLONE
連載 REGULAR ARTICLES 1965年型フォード マスタング ファストバック GT350 CLONE希少なKコードをベースにしたシェルビーGT350仕様の初代マスタング

1965年型フォード マスタング ファストバック GT350 CLONE

旧車好きであれば誰もが一度は夢に見るのがレストモッド?

富山県のアメ車専門店・ハッピーアンドドリーム代表の吉田氏が「自分自身で乗るために、アメリカのポモナに行って自分で直接交渉して購入した」というのがここで紹介している「シェルビーGT350クローン」だ。この車両、一見するとGT350のレプリカ車にも見えるのだが、実は大変こだわって制作されたレストモッドなのである。

更新日:2018.09.01文/田中 享(Tanaka Susumu) 写真/古閑 章郎(Koga Fumio))

取材協力

ハッピー&ドリーム
TEL 0120-513-050 [ホームページ] [詳細情報]

レストア+モディファイでレストモッド

 ここで紹介している1965年型ファストバックは、富山県のハッピーアンドドリームが『GT350 CLONE』という名称で販売している車両なのだが、所謂「レプリカ車」ではない。
 クローンという名称の通り、外観的には確かにシェルビーGT350をモチーフにした仕上げが施されているが、エンジンや足回りには、現代のビルダーの手によるモディファイが施されており、パフォーマンス的にはオリジナルのシェルビーGT350を軽く凌駕する仕上がりとなっている。
 つまり、この車両は内容的にはレプリカではなく『レストモッド』にカテゴライズされるべきカスタムカーと言える。

 ちなみに、レストモッドとは『Restore(回復する・元の状態に戻す)』と『Modify(修正する・部分的に変更する)』という二つの単語を組み合わせた造語であり、クラシックカー(旧車)を新車時に近い状態にまでレストアしつつ、エンジンや足回りなどをモディファイ(カスタム)することで、オリジナル以上の性能を与えられたクルマを指す。
 もう少し簡単な言葉で説明するのであれば、「外観はオリジナルに近い状態に復帰させつつも、現代の交通事情でもストレスなく走れるような改造が施されたクルマ」がレストモッドであり、大まかな括りで言えば「ハイテックカスタム」と同義と考えてもいいだろう。
 外観は旧車らしさを維持しつつも、気軽に乗れるレストモッドは「古い車は好きだけど、苦労はしたくない」という人の理想形とも言える存在であり、筆者的にも大好きなジャンルのカスタムカーだ。
全体的なスタイルは1965年型シェルビーGT350をモチーフにしているのだが、オリジナルを忠実に再現しているのではなく、随所にモディファイが加えられている。
ローダウンして17インチアルミホイール&235/45ZR17の扁平タイヤを履かせることでノーマルの腰高な印象を払拭している。
細身のウッドステアリングやビレットサイドブレーキ、追加メーターなどの社外パーツは、オリジナルのスタイルを崩さないものを厳選して装着している。
シートやヘッドライナー、内張などは全てNEWパーツに交換されている。
外観的にはオリジナルの良さを消さないようにあまり手を加えず、エンジンや足回りといった機能的な部分に手を加えるのがレストモッドの特徴。

ベース車両は希少なKコード

 通好みのカスタムが随所に施されたハッピーアンドドリームのGT350クローンだが、実はレストアやモディファイ以外の部分にも大きなポイントが隠されている。実はこの車両は”Kコード”のエンジンを搭載しているのだ。

 55万台を超える販売台数を記録した1965年型マスタングには、Tコード(200ci 直6/120hp)、Cコード(2バレル289ci V8/200hp)、Aコード(4バレル289ci V8/225hp)、Kコード(4バレル289ci V8/271hp)の4種類のエンジンが用意されていたが、この中で最も高価かつ高性能なオプションユニットとして設定されていたKコードを搭載した車両は、全体の約1%(シェルビーGT350を含む)ほどしか販売されていない。
 当然ながら現代ではKコードを搭載したマスタングはマニア垂涎のコレクターズアイテムとなっており、中古車は高値で取引されている。そんな貴重なモデルを惜しげも無くカスタムしているこの車両は、レア中のレアな存在であり、アメリカにおいて初代マスタングのバリューが高騰してしまった現在では、二度と作られることのない仕様かもしれないのだ。

 この車両は現在789万円という車両本体価格で店頭販売されているが、Kコードの希少価値やレストア&モディファイの内容を考えれば、コストパフォーマンスの高さは非常に高いと言えるだろう。
最高出力271hpを発揮する4バレル289ci V8のKコードエンジンをベースに、シェルビーアメリカンのエアクリーナーやプロマスターコイル、アルミラジエターといった社外パーツでモディファイしている。

連載一覧に戻る オールドカー・旧車の世界に戻る

日本カリフォルニアカスタム サンシェードQUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP
https://topobzor.info

www.topobzor.info

https://220km.com/category/bosch/

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.