Banderasdelmundo.info
HOME > 特集 > 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たち > 2台の旧式ダッジ・ピックアップトラック vol.1
特集 SPECIAL ARTICLES 2台の旧式ダッジ・ピックアップトラック vol.1新車に買い換えるか、乗り続けるか?

2台の旧式ダッジ・ピックアップトラック vol.1

旧式アメ車オーナーに必ずや訪れる「買い替え」への迷い

旧式のアメ車に乗っていると必ずや訪れる新車への憧れ。とはいえ実際問題としては、おいそれと新車を購入することなんて難しい。それに旧式アメ車の持つ魅力だって捨てがたい。ということで、手放すことをよりも、より長く暮らせる方法を考えた2台の実例を紹介。

更新日:2016.11.21文/吉田昌宏 写真/古閑章郎

取材協力

ジャパンレーストラックトレンズ
TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

2004年型ダッジラムトラックの場合

 じつは三度目の取材である。最初の取材は2010年。リフトアップのラムとしてカスタムカー取材をさせてもらった。で、二度目。この時の様子はアメ車ワールドにも掲載されている。2014年のことである。

>> 2004 ダッジラムトラック (DODGE RAM)

 そして今回、三度目の取材は、二度目の時点からの模様替えをリポート。改めて乗せていただいて、旧時代のラムそのものの面白さとカスタマイズの楽しさ、そして適切な維持方法が貴重なアメ車を長く生きながらえさせる、ということを教えてもらったのである。

 この車両の詳細は、旧スレッドを確認してもらいたいのだが、簡単に述べれば2004年型の5.7リッターV8エンジン搭載車。足回りはリフトアップを行い、ボディはグラフィックで飾り、その当時はかなり手を加えたラムだった。

 当時も実際に乗らせてもらったが、想像以上に硬質なシッカリした乗り味に、リフトアップ車の楽しさを知ったのである。

 だが、それから数年経ち、各部に異常はないけれどちょっとずつヤレも見られ、嫌いじゃないが別れを考える場面がチラホラと出てくるようになったという(オーナー談)。そもそも2004年車。すでに12年が経っている。

 そこで新車のラムへの買い替えを検討するも…。概算で600万円。現在のラムを下取りに出すにしても、追金400万円以上の出費は確実。ということで、どうするか?
2004年のダッジラムだが、今こうやって見れも古びた感じがしないのは、オーナーさんが手塩にかけた愛情と魅力を支えるカスタマイズのおかげだ。
ワンポイントのデカール等の処理もシンプルかつ効果的でお見事。
2000年当時のV8エンジンは、現代の最新エンジンが出せない魅力的な咆哮を発する場合が多い。
もともと履いていたホイールを交換することなく、カラーリングの変更でイメージチェンジを行った。ブラックのボディにあえてブラウンで勝負。
オリジナルチューブとコルサの出口を組み合わせて製作したワンオフマフラーが濃密なV8サウンドを奏でる。

最新が最良ということは決してない

 散々悩んだ挙句、このまま乗り続けることを選んだという。決めては、ラムのV8サウンドだった。オリジナルチューブとコルサの出口を組み合わせて製作したワンオフマフラーが奏でる濃密なV8サウンド。最新の車両では決して出ない味である。

 さらにホイールのイメージチェンジを行い、タイヤをブロックタイヤに変更して、全体的なリフレッシュを敢行する。結果的に、新車購入を考えたことによって、逆に旧ラムの持てる魅力を再確認したというわけである。

 たしかにそうだろう。彼らが求めるアメ車とは趣味性である。日常的に使用する道具車ならばまだしも、すべての新型車にアメ車ならでの魅力が備わっているわけではないのだから、常に最新が最良ということは決してないのである。
 
 そして出来上がったのがご覧のラム。過去に取材した当時に貼られていたデカール等は一度整理し、リアのみ残し、ホイールはペイントによってイメチェンを行った。くわえてブロックタイヤをセレクトし、タイヤ幅を調整しながら、ボルト留めのオーバーフェンダーで迫力を醸し出す。

模様替えでリフレッシュ

 ホイールは、ブラックのボディカラーに対しダークブラウンをチョイス。ブラックでまとめる案もあったが、流行りのトヨタタンドラ風カスタマイズとは一線を画すためにも、あえてブラウンカラーで勝負したということである。

 繰り返しになるが、すべてにおいて最新が最良であるということは決してないのである。求める物によっては、新型では物足りないということも確実にあるわけである。

 そう言う意味では、いまお持ちのアメ車があるならば、その個性を磨き、ずっと愛し続けることもまた重要なはずである。恐らく、新型車ではもう二度と手に入らない個性であるはずだから。

 それともう一つ。こういったいわゆる旧式年代のアメ車の面倒が見られるショップを探すこと。面倒とは、メンテナンスだけでなく、カスタマイズ等の要望をちゃんと聞き入れてくれるところ。

 恐らく他店であれば、今回のような場合、ホイールは確実に他ブランドの新品が薦められていたに違いない。ショップも商売である。日銭を稼ぐためにも何かしら売りたいはずだ。

 だが、ちょっとメッキが剥がれたとか、リムに傷ついているレベルで買い換えるなら「色を変えるだけでも雰囲気変わるし安価に済むよ」と教えてくれるショップは、非常に貴重な存在だろうと思うのである。
ダッジラムには、ワイドフェンダーにリフトアップと過激なフォルムがよく似合う。
FOX製のショックを使用し、リフトアップボディでありながらも、シッカリした走行性能が持ち味。すでに10年以上経過するが、今乗っても安定感はピカイチだった。
旧式のアメ車には、最新車両のような質感や利便性はないかもしれないが、二度と手に入らないアメ車ならではの個性で満たされている。

特集一覧に戻る 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たちに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP
У нашей компании классный веб портал на тематику купить диплом фельдшера all-diplomas.com/
www.thailand-option.com

посмотреть tokyozakka.com.ua

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.