Banderasdelmundo.info
HOME > 特集 > 本物志向の貴方に送る、ヒト・モノ・コト > スーパーチャージャー・プロジェクト vol.1
特集 SPECIAL ARTICLES スーパーチャージャー・プロジェクト vol.1ガレージダイバンの5リッターV8マスタングにスーパーチャージャーを装着

スーパーチャージャー・プロジェクト vol.1

662hpのシェルビーGT500を超えられるか

現行マスタングにはいまだスーパーチャージャー装着車がラインナップされていない。それならいっそ「自分たちで製作しよう」と考えたのがASDNのガレージダイバン。その作業の顛末を追った。

更新日:2017.06.06文/椙内洋輔 写真/編集部

取材協力

ガレージダイバン
TEL 0356073344 [] [詳細情報]

レベルの高いプロショップの集団

 われわれの仕事では、チューニングカーやカスタムカーを取材する機会が多いが、当然ながらそれらのほとんどはすでに完成した商品であって、製作段階から取材を行うことは滅多にない。

 というのも、読者が求めているのは商品としての完成度であり、ほとんどの読者にとって、商品が完成するまでの過程はそれほど興味がないはずだからである。

 とはいえ、見た目重視のカスタムカーならいざ知らず、アフターマーケットで発売されているスーパーチャージャーキットを装着しパワーアップした車両となると、さすがにノーマルの車両のように気軽に試乗することはできない。

 信頼性の部分も含め、ある程度の不安も当然ながらあるからである。

 しかし、試乗前に自分の目で製作過程を確認できるのであれば安心感が全然違う。今回ASDNが現行マスタングにスーパーチャージャーを装着するということで、その作業工程をすべて追いかけたが、その取り付け過程を見れたことは非常に有意義だった。

 実際、まる二日をかけ全作業工程をつぶさに取材した結果、ある確証が得られたのである。「後付けスーパーチャージャーとはいえ、あらゆる工程に確実な作業と確認が求められ、そのすべてにきっとりと応えるメカニックたちに、さすがは日本のプロショップたちの集まりだな」と。
今回の装着作業においては、ASDN各社工場長クラスのメカニックが集い、装着研修が同時に行われていた。
ベース車両は、ガレージダイバンの2015年型マスタングGT。5リッターV8エンジンを搭載し最高出力435hp、最大トルク400lb-ftを発生させる。ASDNでは、今後オプションとしてスーパーチャージャー装着車の販売を検討している。その事前のテスト作業に今回同行取材させていただいた。
今回装着するスーパーチャージャーは、「2015-2017 MUSTANG GT SUPERCHARGER KIT 670HP 」。各社からさまざまな商品が展開されているが、フォード車へのフィッティングの良さや耐久性等を考慮し、あえてフォードレーシングをチョイス。
取り付け説明書はHPからダウンロードできるが、その数70枚以上にのぼる。
梱包されていたパーツ類を分類し、作業効率を高める。
つぎにベース車両から、必要なものを取り外す準備を開始する。
作業は、研修も兼ねており、参加されていたメカニックすべてに行き渡るよう説明される。

どの加盟店においても同レベルの作業が約束される

 聞けば、ASDNでは本年度から現行マスタングおよびコルベットを対象に、オプションとして「オリジナルスーパーチャージャーキット」をラインナップすることになり、今回の装着作業においては、ASDN各社工場長クラスのメカニックが集い、装着研修が同時に行われていたのである。

 すなわち、全国にまたがるASDN加盟店のどのショップにおいても、同じレベルの作業が行われ、同様の確実な作業と結果が得られるということである。

 ということで、実作業を見てみよう。

 まず、装着車両は2015年型マスタングGT。5リッターV8エンジンを搭載し最高出力435hp、最大トルク400lb-ftを発生させる。そこにフォードレーシング製のスーパーチャージャー「2015-2017 MUSTANG GT SUPERCHARGER KIT 670HP 」を装着する。

 アフターマーケットのスーパーチャージャーキットには、各社からさまざまな商品が展開されているが、フォード車へのフィッティングの良さや耐久性等を考慮し、あえてフォード車御用達のブランド・フォードレーシングをチョイス。

 くわえて、ボルトオンタイプの後付けスーパーチャージャーとはいえ、当たり前のように部分加工の指示がなされており(もちろん英語指示)、そういった部分の作業共有をもかねており、念入りな作業のもと二日間掛け取り付け作業が行われた。

装着後のパワーチェックも上々で次回路上テストへ

 ちなみに、当たり前だが取り付け後はノーマルエンジンではなくなるため、ノーマルコンピューター(ECU)のプログラム変更を行う必要があり、その他の調整も適宜必要になる。当然その場合にはフォード専用のテスターが必要になり、そうしたテスターの操作性を知らないショップでは作業は不可能である。

 今回、作業前後でマスタングのパワーチェックを行っている。いわゆるシャシーダイナモメーターに載せて行っているが、そういったシャシダイは基本的に10%程度のロスが出ることが一般的である。それを考慮した結果が以下である。

 ノーマル時の結果が370.39ps、最大トルク49.262kg-mという数値だったが、装着後が603.03ps、最大トルク69.8kg-m。実質232.64ps、20.538kg-mのアップという恐るべき結果が出されてのである。

 ちなみに、同条件で2014年型シェルビーGT500を計測したが、その際の記録が595.86ps、最大トルク79.727kg-mということだったので、パワー数値においては、5リッターV8改が5.8リッターV8を上回ったということになる。

 今現在、現行マスタングにスーパーチャージャーを装着した市販車両は存在しないが、2018年以降には現行マスタングのシェルビーGT500が登場すると噂されている。=スーパーチャージャー装着で750hp以上のモンスターマシンという触れ込みだが、果たしてどうか? 

 ただし、それでも日本に持ち込めば1200万円程度はくだらないだろうから(もっと高いかも)、現行マスタングGTを入手し、そいつにスーパーチャージャーを装着した方が、断然安価であるというのは間違いないのである。

 ASDNで作業されたガレージダイバンのマスタング改は、この後テストを繰り返し作業完成とともに一般道での走行テストを行っている。次回ではその走りを体感してみたいと考えている。
今回のスーパーチャージャーの容量は2.3リッター。後付けとはいえ、一部加工等が必要になり、その部分での作業精度が求められる。
作業後には、専用のECUプログラムを新たにインストールする。この作業にはフォード車専用のテスターが必要になる。
装着後にシャシダイでパワーチェック。ノーマル時の結果が370.39ps、最大トルク49.262kg-mという数値だったが、装着後が603.03ps、最大トルク69.8kg-m。実質232.64ps、20.538kg-mのアップという恐るべき結果がでた。
<関連記事>
>> スーパーチャージャー・プロジェクト vol.2 を見る

  • 装着完成後に集まったスタッフでミーティング。それにしてもパワー上昇の数値の高さに驚いた。と、同時に作業の正確性が求められ、パワー上昇後のベース車両の状態が気になると話し合われたのである。

特集一覧に戻る 本物志向の貴方に送る、ヒト・モノ・コトに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP
У нашей фирмы важный портал , он описывает в статьях про 10 самых богатых людей в мире.
У нашей компании классный сайт на тематику финансовый леверидж.
seo продвижение сайтов

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.