Banderasdelmundo.info
HOME > 特集 > BUBU MITSUOKA キャデラック&シボレー正規販売店 > シボレー キャプティバ「光岡自動車創業50周年モデル」
特集 SPECIAL ARTICLES シボレー キャプティバ「光岡自動車創業50周年モデル」シボレー キャプティバ「Mitsuoka 50th Anniversary Edition」

シボレー キャプティバ「光岡自動車創業50周年モデル」

光岡自動車系シボレー正規ディーラーだけで買える特別なキャプティバが登場!

光岡自動車創業50周年を記念し、特別に設定された「カタログモデルにはない専用ボディーカラー(限定販売台数12台/各色4台)」&「リアエンターテイメントシステム(後席専用DVDプレイヤー/デジタルTVチューナー/10.2型大型LEDディスプレー)」&「ETC2.0車載器」を標準装備したシボレー・キャプティバの販売が開始されました。

更新日:2018.03.05文/田中 享(Tanaka Susumu) 写真/

取材協力

BUBU光岡自動車
TEL 0120-17-2290 [] [詳細情報]

光岡自動車創業50周年を記念して企画された特別なキャプティバ

 先にニュースコーナーでお伝えした通り、光岡自動車とGMジャパンから「シボレー キャプティバ「Mitsuoka 50th Anniversary Edition」の発売が発表されました。

>>シボレー キャプティバ Mitsuoka 50th Anniversary Edition

 現在発売されているシボレー キャプティバには、「ブラックミートケトル」と「アバロンホワイトパール」の2色しかボディカラーは用意されていません。オプション(受注発注)となる「サミットホワイト」を足してもボディカラーの設定は3色のみ。要するにカタログモデルのキャプティバでは、ボディカラーは白か黒の二択となっているわけです。

 しかし、今回の光岡自動車創業50周年モデルでは「ブルーアイズ (GQ3)」「ガングレイ (GK2)」「ダークスカーレットレッド (GL8)」という3色の専用ボディカラーを設定。さらにはリアエンターテイメントシステム(後席専用DVDプレイヤー/デジタルTVチューナー/10.2型大型LEDディスプレー)&ETC2.0車載器を標準装備。それでいて車両本体価格はカタログモデル(5ドア、6速AT、右ハンドル)と10万円しか違わない389万円(税込)と、非常にお得な価格設定となっています。
ブルーアイズ (GQ3)
ガングレイ (GK2)
ダークスカーレットレッド (GL8)

光岡自動車系シボレー正規ディーラーでのみ販売

 なお、このシボレー キャプティバ「Mitsuoka 50th Anniversary Edition」ですが、その名の通り光岡自動車の創業50周年を記念して企画された特別モデルですので、取り扱い店舗は光岡自動車系のシボレー正規販売店のみとなります。

 この特別なキャプティバに興味のある方は下記のいずれかの店舗にお問い合わせください。

・シボレー仙台中央
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘3-32-2 TEL/022-342-5533

・シボレー高崎
群馬県高崎市問屋町西2-4-5 TEL/027-364-3311

・シボレー葛西
東京都江戸川区南葛西1-14-7 TEL/03-5878-7500

・シボレーさいたま南
埼玉県さいたま市南区内谷1-7-1 TEL/048-710-6226

・シボレー桜山
愛知県名古屋市昭和区広見町4-45-2 TEL/052-859-2022

・シボレー博多
福岡県福岡市博多区金の隈2-20-41 TEL/092-503-5600

今年はBUBU光岡自動車から目が離せない?

 今年、2018年2月に光岡自動車が創業50周年を迎えたことで、同グループの中核をなすBUBU MITSUOKAでは創業50年を記念した様々な特別企画を予定しているそうです。

 まず、2月にはシボレー・キャプティバの新車購入時に50万円をプレゼントする「シボレー・キャプティバ50万円ご購入サポート・キャンペーン」を実施。そして、上記の通り、3月にはGMジャパンとのコラボレーション企画として「シボレー キャプティバ「Mitsuoka 50th Anniversary Edition」が発売になりました。さらには、まだ正式決定前なので詳細は明かせませんが、ほかのシボレー正規輸入車でも今回のキャプティバと同様の企画が実現する可能性があるそうです。
 また、アメリカからの直輸入車を販売する「BUBU」の方でも、今年は新旧の魅力的なアメ車を昨年以上に輸入する予定であり、期間限定特別価格&低金利&陸送費無料といったサービスが付随する「販売キャンペーン」も定期的に開催する予定だとか。

 フォード&クライスラーの正規輸入が終了。並行輸入車に関しても、新車・中古車限らず減少傾向にあります。この様な状況だと、日本におけるアメ車を取り巻く環境は後退していると考えている方も多いかもしれません。
 しかし、そういった逆風など物ともせずに、アメ車の輸入・販売に力を入れ続ける光岡自動車グループの存在は、我々アメ車ファンにとっては心強い限り。創業50周年を迎えた同グループが、今年仕掛けるであろう様々な企画に期待したいと思います。
2018年2月に創業50周年を迎えた光岡自動車が今年のために制作した「50th Anniversary」のロゴマーク。

特集一覧に戻る BUBU MITSUOKA キャデラック&シボレー正規販売店に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP
там

www.velotime.com.ua/category/velosipedy-giant/

www.velotime.com.ua

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.