Banderasdelmundo.info
HOME > 特集 > アメ車オーナーbyレーストラックトレンズ > 2008 フォードF150 ハーレーダビッドソン
特集 SPECIAL ARTICLES 2008 フォードF150 ハーレーダビッドソン公道を走るプレラン・スタイルで見違えるアメリカンピックアップ

2008 フォードF150 ハーレーダビッドソン

本国でも爆発的人気のプレランをレーストラックが再現

F150をベースにプレランスタイルでカスタマイズされた1台。キモはあえてのローダウンである。

更新日:2019.04.08文/石山英次 写真/古閑章郎

Tweet
取材協力

ジャパンレーストラックトレンズ
TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

プレラン・スタイルへのカスタマイズ

 ベースはF150のハーレーダビッドソン。2008年型ということだから、エンジンは5.4リッターV8。300hpという公式スペックだから、圧倒的に速いといわけではないが、不足もまったく感じない。それに、近年のV8でさえなくしてしまった濃厚なV8サウンドが健在であるから、今の時代に乗っても十分に楽しめる。

 そんなF150は、昨年末からボディを含めた大幅なカスタマイズを受けている。その影響を受けたのが「ドリフト」という。

 当サイトでも過去に何度も取材し動画も流しているが、ピックアップでドリフトしているのはこのレーストラックの車両(ラムにC1500にアストロに)のみだろう。

 そんな車両たちに影響を受けたのか、このF150をベースにカスタマイズし、いずれはドリフトもしてみたい、ということでカスタマイズプランが決まっていった。その名も「プレラン仕様」である。

 なぜプレランか。まずは全米でのブレイクである。ここ10年近いスパンで爆発的人気を博しているプレラン・カルチャー。これまでの四駆ブームとは異なるシンプルなファッション性が評価され、若者たちの閒で巨大なムーブメントが巻き起こっている。
ローダウンしているが、巨大なタイヤサイズによって低さも感じさせない、絶妙なサイズ感である。
F150とハーレーダビッドソンとのコラボマシンは過去に遡り長いスパンで継続されている人気モデル。年代によりカスタマイズの内容が異なるのが中古車購入時の注意点だ。
上記のノーマルF150からご覧のようなスタイルへと変身。フェンダーのボリュームにより過激へスタイルへ。
リアも、フロントほどではないが、ノーマルとは全く異なるスタイルへと進化している。
搭載されるエンジンは、5.4リッターV8。300hpという公式スペックだ。当時のハーレーとのコラボは、エクステリア中心のものが多かった(時にスーパーチャージャー装着のモデルもあった)。
装着されているエアスクープ付きの社外ボンネットフードも良い雰囲気を醸し出す。
プレラン仕様のパーツは数多くあれど、それほどの精度を有していないため製作に苦労するという。

アメリカ本国でのプレラン人気

 それが証拠に現地でのラプター人気、ミディアムクラスのピックアップ人気が上昇中で、デザートレーサー風のカスタマイズも同時に人気爆発中である。

 ちなみにプレランナーとは、文字どおり読めば「試走車両」ということで、デザートレース本番前にコースチェックの試走をするための車両である。コース視察は、市販車両では到底走ることが困難なものであり、試走できるレベルにカスタムした車両をあえて使い、それをプレランナーというのである。

 レーサーが事前にコースチェックするために乗る車両であるから、サスペンションはレースカーほどではなくてもそれなりに洗練されていなくてはならず、上下動が起こるほど激しい場所を走るわけだから、サスがスムーズに動くようにフェンダーを広げ、インチアップしたタイヤが上下動するスペースを作る。

 ただし、そんなフェンダーは正式なレースカーではないからボディとチリを合わせる必要もなく、一瞬取ってつけたような感じに見えるかもしれないが、だがそれがプレランの役割であり求められる機能なのである。
フェンダーの面の仕上げや、そもそものボディ加工等に、のべ二ヶ月以上の時間を要したという。だが、製作者としての経験値は確実に上がっている。

あえてのローダウンで仕上げた新たしいスタイル

 しかも実際のレースカーはスポンサーやチームデカール等でデコレーションされているから華やかな雰囲気に満ちているが、プレランは試走がメインであるから飾り付けは一切ない。逆にシンプルであるからこそのプレランになるわけである。

 というわけで、派手派手なデコレーションカスタマイズとは一線を画す、飾り気のないシンプルな見栄えに本格的な作り込み、というプレランスタイルに本国の若者たちは熱狂しているのである。

 そんなプレラン仕様にカスタマイズし、いずれはドリフトに参加したいと思っているF150のオーナーさんは、あえてローダウンした車高でプレランを製作依頼した。
ステアリングの切れ角にあまり変化が出ず、さらにインナーフェンダーとの干渉も避け、しかも乗っていて乗り難さを感じさせない仕上がりに、ストリートでの面白さが倍増した感じである。
プレラン云々関係なくても、このフェンダーの迫力はアメ車の魅力増大に繋がる。
2インチローダウンをノーマルショックを使用して仕上げた足回り。街乗りでの違和感を極力消し去って仕上げたのも製作者の見識によるもの。オフセット調整でフェンダーとの位置関係を調整している。
取材していても思ったが、物凄い迫力のスタイルであった。カッコイイ。なので、こうなるとエンジンパワーがもう少し欲しくなる(笑)。
ちなみに、コチラは同社が製作した91年型C1500をベースにしたデザートレーサー。前後ワイドボディやバンパー類はオリジナルパーツ。
ガワだけのカスタムカーではなく、サスペンション等もきっちり調整されている。

新しい「スタイル」の確立

 2インチダウンのキットにノーマルショックを使用しているから、直径のデカいタイヤを装着しているが、乗り心地等の悪化はほとんどない。ステアリングの切れ角の変化もそれほど感じず、乗りにくさは微塵もない。

 だが。製作者いわく「フェンダーの加工や素材に苦労しました。プレランのもともとがそれほどのパーツ精度を要していないこともあるのでしょうが、本国の数あるプレランフェンダーは日本製のパーツのような精度ではないのですね(笑)。それをそのまま付けるわけにはいかず、その部分の試行錯誤がかなり必要でした」

 そんなボディメイクを終えた完成形がコチラのF150。フロントバンパーから両サイドへ繋がるブリスターフェンダーによって迫力のスタイルが完成している。その雰囲気はラプターのような見栄えでもある。

 だが、マスクが旧F150ベースだからまた違った趣きがあり、さらに2インチダウンが効いているのか、より一段とロー&ワイドになったことで、これまでに見たことのないピックアップスタイルが完成したとも言えるのである。

 通常プレランといえば、リフトアップし、パイプフレームでできたフロントバンパーにスキッドプレートといったスタイルが一般的であり、それはレースカーもどきのような雰囲気でいいのだが、一方で今回のような公道を走るロー&ワイドなプレラン・スタイルも実にいい。

 カスタマイズ希望のオーナーさんにはまたひとつ「ジャンル」が増えたともいえるわけで、さらにこのプレランスタイルは、ピックアップのみならずSUVでも製作可能なだけに、日本でも今後ファンが拡大する可能性は大いにあるはずである。
Tweet

特集一覧に戻る アメ車オーナーbyレーストラックトレンズに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP
surrogate

www.rbt.com.ua/ukladka-parketa-v-kieve/

https://steroid.in.ua

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.