Banderasdelmundo.info
HOME > 試乗記 > キャデラックCT6 Vスポーツ
試乗記 TEST RIDE キャデラックCT6 Vスポーツ新開発の4.2リッターV8ツインターボエンジン搭載

キャデラックCT6 Vスポーツ

550hpのハイパワー4WDスポーツ

キャデラックCT6に登場したハイパフォーマンスモデル、Vスポーツが登場した。ポイントは新開発エンジン。このエンジン、CT6のみならず、意外な車両にも搭載されるかもしれない。

更新日:2018.04.11文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ


新開発されたDOHC4.2リッターV8ツインターボエンジン。550hpを発生させる。今のところキャデラック専用エンジンだが、バリーションの追加を期待する。


キャデラックを代表する専用エンジンに

 キャデラックCT6に加わったハイパフォーマンスモデル、Vスポーツ。すでにCTSとATSには存在するVシリーズが、ついにCT6にも登場する。

 ポイントは、新開発されたエンジンにあり、DOHC4.2リッターV8ツインターボエンジンである。これまでのキャデラックにおけるハイパフォーマンスエンジンは、6.2リッターV8スーパーチャージャーエンジンだったが、今回は新たに開発しエンジンサイズをコンパクト化。さらにツインターボを使用することで550hp、最大トルク627lb-ftを発生させる。

 このエンジンに組み合わされるミッションは、専用のギア比が与えられた10速AT。それを4WDにて駆動するのである。

 なお、このエンジンにはディチューン版が存在し、そちらはCT6に搭載される予定という。ちなみに500hp、最大トルク553lb-ftというから、ディチューンといえども十分にパワフルである。

 このキャデラックの新エンジンは、久々のキャデラック専用エンジンといわれている。一部では、次期C8コルベットにも搭載されるのではないか、という現地メディアの報道もあるが、果たしてどうか。

 キャデラックブランド社長は直々にそれを否定しているし、次期新型コルベットは「ミッドシップ+V6」となる、との報道もあるため、その真偽のほどはまだ不明である。

そろそろ次期モデルの登場が期待されるが、そうなるとこの強力なエンジン搭載が確実視されるが、果たして?


 だが、個人的に期待しているのが、このDOHC4.2リッターV8ツインターボエンジンの、エスカレードへの搭載である。同メーカーの最高峰ラグジュアリーSUVに搭載するとなれば、誰も異論はないだろう。

 現行エスカレードに搭載される6.2リッターV8の426hpは、さすがに役不足といわれても仕方ない。この旧態依然のV8が似合う車両も当然あるだろうが、今や世界中で人気のSUVブームにおいては、エスカレードのパフォーマンスは現状で十分とは言えない。

 ということで、この新開発のV8ツインターボを搭載したエスカレードが出れば、もちろん次期新型モデルとして、世界中のファンを喜ばせるに違いない。ちなみに、このエンジンはサイズを縮小した高効率のターボエンジンなだけに、いわゆる環境性能にも今よりは優れているだろうし、次世代エスカレードには最高に相応しい存在なんじゃないかと思うである。

 新しく登場したキャデラックCT6 Vスポーツは、自らの存在だけでなく、次世代モデルにまで期待を抱かせる存在である。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム クーポンコードウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
 @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネル熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

Banderasdelmundo.info © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.